知っておくことで成功に導く!?注文住宅のお役立ち情報を分かりやすくご紹介

知っておくと注文住宅づくりを成功させることができる情報として、間取りや収納の決め方があります。
間取りを決めるのはとても難しいのですが、今現在のことだけを考えて決めてしまうと失敗します。
将来的に家族構成や生活スタイルが変わった時でも対応できるように、変更しやすい家づくりにすることが大切です。
また、注文住宅では設備面でも自由に選べますが、不必要な機能を備えておく必要はありませんので、本当に必要な機能だけを残すことも重要です。

注文住宅の引き渡しのときに用意しておくべき必要書類とは?

注文住宅の引き渡しの際には、いくつかの必要書類が用意されるべきです。
これらの書類は、住宅の所有権の移転や建物の品質を証明するために必要不可欠です。
まず、建築完了検査合格証明書が挙げられます。
この証明書は住宅が法令や基準に合致して建築されたことを証明するものであり、住宅の安全性と品質を保証する重要な書類です。
これを提出することで、新たな住まいが確実に建築基準を満たしていることが確認されるでしょう。
次に、建物保証書も欠かせません。
これは工務店から提供されるもので、住宅の保証内容や保証期間、対象範囲などが記載されています。
建物に関するトラブルや不具合が発生した場合、この保証書が有効であることで修理や対応が受けられるのです。
注文住宅の建物図面や仕様書も重要です。
これらの書類は住宅の設計や仕様を詳細に示すものであり、将来の修理やリフォーム時に役立ちます。
建物の構造や仕様がわかることで、効率的なメンテナンスが可能となるでしょう。
最後に住宅の所有権移転に関する書類も不可欠です。
土地の所有権を示す登記簿謄本や所有権移転の契約書、住宅ローンに関する書類などが含まれます。
これらの書類が正確に整備されることで、新たな住まいの所有権の移転手続きが適切に行われるのです。

注文住宅の見積もりは数社が基本!比較すべきポイントは?

注文住宅を建てる際には、複数社に見積もりを依頼することが欠かせません。
同じ間取りであったり、素材や設備に違いが見られなかったりしても、ハウスメーカーによっては、施工に要する金額が大きく変わることは有り得ます。
注文住宅を特集するサイトには、複数社に対する見積もりを行えるところも存在します。
注文住宅に求める要素が決まった暁には、気軽に問い合わせてみるのが良いでしょう。
住宅に対する要望をまとめる際には、自分が求める住居スタイルだったり、室内に必要となる設備であったりといった事項を、前もって明確にしておくことが必要となります。
住宅情報サイトを眺めていったり、注文住宅を扱うハウスメーカーでモデルルームを見て回ったりするなど、幾つかの完成事例を眺めておいた方が、理想の住環境は見えていくでしょう。
複数社からの回答を受けた後は、アフターメンテナンスについての確認を行うことも大切です。
長きに亘って暮らす以上、些細な問題であっても、迅速に対応してもらえる事業者であるかは、購入にあたっての重要な検討事項となります。
利用者の口コミも加味した上で、長期的に付き合っていける事業者であるかを判断することが大切です。

注文住宅の施工会社は得意な工法や構造が存在する

注文住宅の相談を請け負っている会社は、それぞれの店舗で差別化を図るために得意としている分野がかなり違います。
実際に、工法や構造で差別化は図っているところも存在しますので、自分たちが設計をして欲しいと考えている会社が本当にその条件を満たすことができるかを確認しておかなくてはいけません。
例えば、日本では木材を利用した日本家屋が人気を集めていますが、全て同じような形で建設を進めていくとそれぞれの店舗で差別化を図ることができなくなります。
そのため、注文住宅では同じような木造建築に見えたとしても内装や構造が全く違うような形にしているところも少なくないです。
例えば、木造でありながら燃え広がりにくい構造にすることによって火災などに強い物件を作っていくことも注文住宅では可能です。
このような、他とは異なる工法や構造にすることによってその施工会社独自の特徴を出すことが非常に重要だと考えられています。
依頼を出す時は、こういった内容の違いを理解しておくことが重要です。

注文住宅の工法でしっておきたい在来工法とは?

注文住宅を検討する方の中には、伝統的な木造建築を希望するケースも少なくありません。
そんな木造建築で古くから採用されてきたのが、いわゆる在来工法と呼ばれる木造軸組工法です。
これは木材で柱や梁そして天井部分へと組み上げ、さらに筋交いや火打で補強を加えて耐震性も高めていく、日本では最もオーソドックスな工法。
木材の柔軟性と筋交い等の補強によって、揺れに強い住まいの実現が可能です。
もちろん耐震性に優れるだけでなく、間取りやデザインの自由度も高いため、まさに注文住宅にふさわしい工法と言えるでしょう。
また木材ならではの特性によって、季節ごとの温度変化にも強いため、耐久性の高さも見逃せません。
同時に間取りやデザインの変更がしやすいことで、将来的なリフォームにもスムーズな対応が期待できるでしょう。
なお平均的な相場は、坪単価で50万円~70万円が目安。
木材に無垢材などの自然素材を使えば、さらに単価が高くなる傾向があります。

注文住宅の土地探しのときに注意したい法規制

設計の自由度が高い注文住宅ならば、建物のデザインや間取りだけでなく、土地さえも自由自在に選ぶことが可能です。
ただし土地探しの際には、注意すべき幾つかの法規制を理解しておくことが求められます。
例えば用途地域も、その1つ。
これは計画的な市街地の形成を目的として定められており、13種類の用途地域ごとに建物の規模や種類などが、細かく指定されています。
したがって注文住宅の土地探しでは、自分たちの条件やニーズに見合った用途地域なのか、よく調べることが肝心です。
もう1つ重要な法規制には、建ぺい率や容積率があります。
建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合であり、容積率は敷地面積に対する延床面積の割合を指します。
これも地域ごとに細かく定められており、自分たちが希望する家の高さや広さあるいは規模と照らし合わせながら、しっかりチェックすることが不可欠です。
これらの他にも日影規制や斜線制限、接道義務や防火地域など様々な規制があるので、住宅メーカーや不動産会社にアドバイスをもらいながら確認が必要でしょう。

不動産会社に注文住宅の土地探しをお願いすると地元の工務店を紹介してくれることもある

注文住宅の建築用地探しは、住宅のプランニングの数倍時間がかかってしまうことが日常茶飯事であり、より自分たちの希望に合った土地を探す為に大手の建築会社や不動産会社に声をかけるのが一般的です。
大手の会社の方が、会社間のつながりに加えて営業マンの人脈が多く、希望に合った土地に巡り合う可能性が高いとされています。
注文住宅では、不動産会社によっては自社で建物の建築に携わっていない会社も少なくなく、土地探しで地元の工務店を紹介されることが稀にあります。
背景には、工務店の多くが地元密着で営んできた事によって地元の地主と顔馴染みであることがあり、創業が長いほど地主から土地売却の相談を受ける可能性が高いとされています。
その為、大手の建築会社やハウスメーカーよりも施主の希望に適した土地が出てくることが多く、どれだけ探しても出会えなかった掘り出し物の土地に出会えるかもしれません。
紹介される前に自分で相談してみるのもおすすめです。

ハウスメーカーを利用して注文住宅を建てるのに適している人とは?

あらかじめプランを決めて欲しいと考えている人にうってつけなのが、ハウスメーカーでの注文住宅です。
一般的に、注文住宅は非常に自由度の高い設計を依頼することができますので、フルオーダーの物件を実現したい人にとってはカスタマイズがしやすい注文住宅を相談することが多いです。
しかし、フルオーダー形式で依頼をするとどういった部分から手をつけていけば良いのかがわからなくなることも多いので、そういった人が苦手な人はハウスメーカーで相談するのが得策です。
実際に、工務店ではフルオーダーで自由度の高い注文住宅の相談を行うことが可能ですが、大手に依頼を出しておけばある程度のプランを出してくれるというメリットが存在します。
つまり、セミオーダー方式で方向性を決めてからサービスを選択できるメリットが存在しますので迷うことがありません。
サポートも充実していますので保証もありますし、一定の範囲内の中で効率的に相談したい人に向いています。

細かいこだわりがある注文住宅を建てる場合は工務店が良い?

注文住宅は工務店に依頼すると良い場合が多いです。
地元の気候をよく熟知していて、その気候に合う住まいを建てる技術に長けているのも工務店の特徴です。
木造軸組工法という日本伝統の工法は間取りの自由度が高くて、好きな間取りを住まいに導入したい人に人気です。
間取りの自由度が高いとより普段の生活が充実する傾向があります。
例えばサンルームなどを取り入れることで、冬でも快適な気候で過ごすことができます。
二重サッシや二重窓で断熱性を高め、高断熱高気密の住まいで四季を通して快適に過ごすことも可能です。
注文住宅には自分のこだわりを取り入れたい人がとても多いです。
屋上に庭園などを設置することも可能であったりします。
屋上の庭園から周囲の景色を眺める楽しみなどが、こうした注文住宅にあります。
ハウスメーカーなどの標準的な住まいではなく独特の自分に合う住まいを求める人は、間取りの自由度が高い木造軸組み工法が得意で、地域に合う住まいを作ってくれるところに依頼すると良いです。

注文住宅で予算オーバーにならないための工夫

自分の理想の家に住めるとすればそれは幸せなことですが、注文住宅で家を建てる場合、自分の希望をすべて叶えようとすると予算オーバーになってしまいます。
では、そうならないためにはどのように工夫すればいいのでしょうか。
今の状況としては建材費や人件費はドンドン上がっていますので、予算に余裕を持たせておくことは大事です。
予算ギリギリで計算をしているとオーバーしたときにあきらめなくてはいけないものがたくさん出てきます。
住宅会社は新しい建材や設備を紹介してくるかもしれませんが、それを受け入れてしまうと予算オーバーになるのです。
そこで、注文住宅の場合は予算に余裕を持たせることが大事であり、自分の中で優先順位も作っておきます。
つまり、譲れるものと譲れないものを前もって考えておくのです。
台所にこだわりを持つ分、外構は安めにするとかです。
メリハリをつけるならオーバーすることを避けることが出来ます。

将来的なライフスタイルも考慮した注文住宅の間取り

注文住宅を建てる大きなメリットとして、自分好みの間取りを実現できることが挙げられます。
自分たちのライフスタイルを確認し、それにマッチする設計をするケースが多いです。
これにより快適な住空間が実現され、満足度の高い暮らしを送りやすくなります。
ただし、その幸せな状態が永続的に続くわけではありません。
なぜなら、加齢とともにライフスタイルは変化していくからです。
現時点で最適な間取りを実現していても、自分が高齢者になったときは感じ方が変わっています。
長期的な視点で注文住宅を満足できるマイホームにしたいなら、現状だけに着目するのは良くありません。
これから自分の生活がどのように変わっていくのか考えましょう。
たとえば、数年後に子供が生まれただけでも、状況は一変するかもしれません。
老後になると車椅子や杖を使って暮らすケースもありえます。
そのような変化が起こっても、快適性が維持されやすい設計を心がけることが欠かせません。

注文住宅の予算で不安を抱く人はローンシミュレーションを利用しよう

注文住宅に興味はあっても、予算の面で躊躇する方は少なくありません。
完成された家屋を売る分譲住宅とは違って、注文住宅の場合には、アレンジ次第で同じエリアや間取りであっても、大きく価格が変わることは有り得ます。
注文住宅を購入する際には、土地の契約時と家屋の引き渡しのタイミングで、それぞれ決済の必要性が生じます。
自己資金が乏しい方の場合には、長期ローンとは別に、つなぎとして用いるローンを使う必要が生じるでしょう。
ハウスメーカーの中には、注文住宅を建築するにあたっての予算を事前にシミュレーションするところが見られます。
住宅価格と支払い期間の入力を行えば、月々の支払い金額が計算されていくのです。
殆どのハウスメーカーでは、無料で受けられる事前カウンセリングが開催されています。
ローンのシミュレーションを行った結果、自分の考えに見合った金額や支払い内容だと判断した際には、気軽に相談に伺うのも良いでしょう。

注文住宅でオール電化住宅にするメリットは?

注文住宅を設計する際、大きな選択肢としてオール電化住宅というものがあります。
オール電化住宅というと家電を気にしますが、水は使うためつまりガスを使わない事が大事な要素であり、火災などの可能性を大きく下げる安心出来る住宅なのです。
コンロなども直火がありますし、ガスファンヒーターなどを考えると全てエアコンや床暖房にすれば安心感は増します。
さらに太陽光発電の事も考えれば、災害時の停電などにも住居だけの力である程度凌げるのは、かなり重要な要素と言えるでしょう。
こういったものは注文住宅の大きなメリットで、初めからそのつもりで設計してあるためにいくらでも調整が可能なのです。
小さな子どもがいる家庭などでは灯油のストーブなど不安でいっぱいになるでしょうが、エアコンならその心配もありません。
また、電気代に特化するためにたくさんの電気会社の中から最適なプランを選び出し、自分の家的に最も効率の良いところを選ぶのも重要です。

発電効率に適した屋根を設計できる!注文住宅で太陽光発電システムを導入するメリット

住宅を購入する際のトレンドとなっているのが太陽光発電システムの導入です。
電気代が高騰する現在において、自宅で電力を発電できることは地球環境だけでなく金銭的にも大きな恩恵があります。
特に、注文住宅の場合は建売住宅やマンションの購入とは違い、発電効率を考慮した設計にすることが可能です。
注文住宅は部屋の内装だけでなく外観やその素材も設計することが出来ます。
そのため、太陽光発電システムの導入を前提に設計することによって、より効率的に発電できる家を建てられるのです。
例えば家の屋根を考えると、一般的な斜めの屋根ではなく平面の屋根にすることで太陽光パネルを設置しやすくなります。
配線についても壁の中を通せるように設計すれば耐久性が高まり、さらに外観の見栄えに影響することもなくなります。
また、地域によっては太陽光発電システムを設置することで補助金も活用できるため、予算を他の部分に充てられるという副次的なメリットも享受できます。

地震の揺れに強い注文住宅ならどのような構造が良い?

設計の自由度が高い注文住宅では、デザイン性や間取りなどに加え、耐震性を重視する施主さんも少なくありません。
地震が多い日本であれば、揺れに強い注文住宅を希望する方が多いのも、当然と言えるでしょう。
とはいえ、その希望を満たす住まいを実現するならば、それにふさわしい構造や工法を採用することが求められます。
まず建物の構造には、木造と鉄骨造そして鉄筋コンクリート造の3つに、大きく分類することが可能です。
このうち地震の揺れに強いことで知られるのが、鉄骨造と鉄筋コンクリート造でしょう。
前者は鋼材で柱や梁を基礎から組み上げる工法であり、工場で開発生産された鋼材を使用するため、品質や性能の安定感に優れ、その結果、高い耐震性を実現します。
さらに耐震性の高さで知られるのが、後者の鉄筋コンクリート造。
これは鉄筋にコンクリートを流し込んで、壁や床そして柱や天井を作っていく工法であり、鉄筋とコンクリートの相乗効果によって、一層高い耐震性を実現します。